開張足 治す

開張足はこうして治す!サラッと読んで正しく理解!

開張足の痛み!その効果的な治し方とは!?

 

 

下の写真をご覧ください。

 

開張足(かいちょうそく)は、足の甲が横に広がって、

 

平らになってしまった状態の事です。

 

 

上の写真は、親指が曲がり外反母趾の症状が出ていますが、

 

それと同時に足の横幅が広がっています。

 

外反母趾の人はみんな、この写真のように、

 

足の甲が横に広がる開張足(かいちょうそく)の方が多いです。

 

 

 

今まで履いていた靴がきつくなったりしませんか?

 

 

足の横幅が広がるから、靴がきつくなっていたのです。

 

 

つまり、足の甲にアーチがなくなり、足の指同士が広がった状態が分かりますか?

 

 

この状態が、典型的な開張足です。

 

 

 

そもそもなんで開張足になってしまうのか?

 

 

足の指の骨をつなぐ靱帯が弱り、広がっていく!?

 

体重の増加や、運動不足、体質、老化、
ホルモンのバランスの悪化などが原因!?

 

 

と言われてますが、

 

どれもこれも信憑性に欠けます。

 

 

 

では本当の原因はなんでしょうか?

 

悪い歩き方に原因があります

 

 

通常は、このように足指に体重を乗せて歩くのが正しいんですが・・、

 

 

指先に体重が乗りきる前に、

 

次の足が地面につきながら歩いていませんか?

 

 

 

この悪い歩き方(通称ペタペタ歩き)が、

 

本来使うべき足の筋肉を使わずに歩くことで、開張足になります。

 

その筋肉とは・・横アーチ筋です。

 

 

本来、この横アーチ筋が、骨と骨をしっかり寄せ付け、

 

足の横アーチを形成しているのですが、開張足の方は、

 

横アーチ筋の筋力がなく退化してしまい、

 

骨同士を寄せ付ける事ができなくなり、

 

体重に潰されて徐々に横アーチが崩れていきます

 

 

 

本来使うべき筋肉=横アーチ筋を鍛えることで開張足を改善できる

 

 

外反母趾対策用の靴を履いたり、

 

テーピング治療や装具をはめる方法もありますが、

 

どれも一長一短あります。

 

 

繰り返しますが、

 

横アーチが崩れたのは、悪い歩き方が原因であり、

 

正しい歩き方を身に着ければ、

 

人間が本来持つ横アーチが自然と形成されると思いませんか?

 

 

 

だからこそ、

 

「7つの悪い歩き方」と「4つの正しく歩くコツ」を指導し、

 

2000人以上の外反母趾患者を救ってきた

 

古屋先生の治療法がここにあります。

 

 

 

 

こちらをクリックして『古屋式・外反母趾改善DVD』の詳細をご覧ください!

 

 

 

 

古屋式・外反母趾改善DVDを実践してどのくらいで開張足が改善するの?

 

正しい歩き方を実践する中で

 

最初は、筋力がないので多少ふらついたりする事がありますが、

 

すぐに慣れます。

 

すると、次第に・・

 

親指にかかる負担が減るため、その時点で痛みが改善していきます。

 

早い人で2週間程、遅い人でも3ヶ月程度の期間で

 

横アーチの変化に気づくでしょう。

 

 

 

もし、あなたの足の甲が、もうすでに平らになってしまった開張足でも、

 

例え医師に「あなたの足は、かなり横アーチが崩れていますね」と言われた状態だとしても

 

 

遅くはありません。

 

 

もしかするとあなたは、横アーチが退化してしまった筋力では、

 

もう正しい歩き方は身につかないのでは?と思われたかもしれません。

 

 

大丈夫です。年齢・性別も問いません。

 

 

正しい歩き方を身につけるには、「4つの正しく歩くコツ」さえ実践してもらえれば、

 

誰でもできるようになります

 

 

ただ、横アーチが足りなく、最初は多少ふらついたりするその程度です。

 

まったく歩けないという事ではありません。

 

 

 

古屋先生のの外反母趾改善法「正しい歩き方」は、

 

どんなに、開張足が進行し横アーチ筋の退化した方でも、

 

必ず身につける事ができ、痛みを改善する事ができます。

 

 

開張足の改善・治療法で一番効果的なのは

 

古屋先生のDVDだけです。

 

 

ぜひ、お試しください!

 

 

こちらをクリックして『古屋式・外反母趾改善DVD』の詳細をご覧ください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PR